スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運営さん優しすぎるんじゃ・・

2011年01月21日 12:43

最近疲労が半端無くて、こたつでうとうとしてたら朝になってます。
ごめんなさいごめんなさい。


さて、意味ありげなタイトルですね。

現在運営は不正ツール使用者の大規模な調査を行っているようで、以下のような文が告知されました。

当調査では過去に不正ツールを使用した事があるお客様につきましても検知されますため、
現在不正ツールを使用しているお客様、及び、過去に不正ツールを使用した事のあるお客様
全て合わせて制裁措置を取らせていただきます。
※過去に『インストールをした事があるだけ』でも検知され、同様に制裁対象となります。


とのことでした、素晴らしいですね。
ここまでなら運営GJ!で終わるのですが・・。

以前は不正ツールを使用していたがもう2度と使用しないとお約束していただけるお客様、
及び、インストールをした事があるが使用するつもりは無いというお客様につきましては、
下記内容を専用フォームよりご連絡いただけました場合にのみ
今回に限り対象から外させていただきます。


という、救済処置がなされており、運営に不正をした事を報告すれば以前行っていた人も許されると言うものでした。


なんていうのか、これって必要ないと思うんですよね。
問答無用でBANでよかったんじゃないのかな。


プレイヤーは、mmm・・・?と思ってもプレイ中に確証を得ることはできません。
AVAはDemoや1人称視点がないので確認も難しく尚更わかりにくいです。
基本的にお互いフェアな条件でプレイしていると思って戦うしかないわけです。

しっかりと運営が対応しているという安心感がなければ、真面目に取り組んでいるプレイヤーが誤解や無実の罪で誹謗中傷を受けるという事にもなりかねません。
これこそが、対応の甘さによる1番の実害であると思います。

運営がしっかりと対応すれば、皆が安心して真摯に試合に取り組める事に繋がるのです。
プレイヤーが求めているのはそういう環境であり、厳しい対応をするFPSにこそ人は集まると思います。
e-sportsと言う観点から、不正者に対して寛容である必要は0だと思います。


AVAに関して言えば、公式サイトの運営さんのコメントを見ると、インストールした人は検出できるとのことですし、今後はすべてBANという事なので、ひとまず安心なのかな。

しかし、今回は対応がちょっと甘いかなぁと思いました。
不正者フォーム対応の後、あの人何か急に弱くなってない?とか、確認しようの無い誹謗中傷が飛び交う可能性があるし、何よりBANしない理由がお金の為以外に思いつきません。

金儲けさえできれば不正者に寛容な運営と言うイメージが付いてしまうと、興ざめして離れていくプレイヤーも少なくないでしょう。

色々あるとは思うのですが、是非「不正者に厳しい運営」というスタンスで頑張ってほしいですね。



コメント

  1. mother | URL | -

    Re: 運営さん優しすぎるんじゃ・・

    わたしもおおおお
    そううううううう
    おもうううううう

  2. hyada | URL | -

    Re: 運営さん優しすぎるんじゃ・・

    >>motherさん
    ですよねー!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fpshyada.blog121.fc2.com/tb.php/464-f192be8f
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。